君は月夜に光り輝く(佐野 徹夜)レビュー


●あらすじ

大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。

月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。
余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…

「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」

「本当に?」

この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。
「しっとりと心に染み渡る、美しい恋物語」「参りました。泣きました。生きていく――そのための力を読者にプレゼントしてくれる」と、なみいる選考委員も涙した、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作。
刊行にたずさわったみんなの心を揺さぶった、“今を生きる”すべての人に届けたい感動のラブストーリー。


●名(迷)言達

「夏の夜、天体観測、横には魅力的な異性、ロマンチックになるための要素、これだけ揃ってるんだよ?」by【まみず】

「無、か。変な墓だな」by【香山】

「ただの、知り合い、です」by【拓也】


●みどころ

発語する言葉の節々に不自然さは感じますが、

人と人との関係性の描き方にリアリティーがあります。

”出会ってない”

感覚・・・・・・とでも言うのでしょうか。

主人公とヒロイン以外の登場人物たちのまとう、なんとなくよそよそしい雰囲気が

「あ、リアルの人間関係ってこんな感じだよな」という謎の説得力があります。


●読んでみての感想

 

発光病という、架空の難病にかかり、余命宣告されたヒロインと、主人公の奇妙な依存関係を書いた作品です。

主人公は以前、近しい人を亡くしたトラウマがあり、解消したつもりでいても、無意識下でトラウマが燻っています。

ヒロインは、私の印象では”この世に「私」を残したい” という意思を通貫して持ち続けているように思えました。

終盤の佳境からエピローグに向かっていく部分の盛り上がりは必見だと思います。

ただ、読後に私が抱いた感想は

「短編作品にすれば、もっと面白くなったんじゃないだろうか」

でした。

世界観が醸し出す雰囲気にちょっと違和感を感じてしまって、物語にのめり込めなかった自分がいました。

なんでかなぁ と考えたのですが

キャラクター同士がかみ合っていない。

みどころで書いた「出会っていない」感じです。

「この人物は、物語の中でどういう役割を果たすのだろう」という必然性を見いだせなかったのがあります。

この作品のキャラクター達に「普通の人」がいません。

設定が現代の現実世界に酷似しているので、その中で「普通の人」じゃない、一癖も二癖もある人達。

私は人間は「条件が整えば、なんだってやる」と思っている口の生物なので、「普通の人」じゃないキャラクターたちは結構好きです。

ただ、登場させるなら、もっと物語の中で活躍させて欲しい、と思いました。

主人公のトラウマを説明するためのバックボーン以上の存在になれていなかったのが、ちょっと残念でした。

引用される中原中也の詩や、架空の小説家の生き様などが出てくるのですが、イマイチ生かし切れてなかった印象です。

 

難病をテーマにした作品なので、こういった小細工を使わないで、真っ向から挑んでほしかったな、と思いました。

作品に登場する発光病は 身体が淡く発光する病です。

美しく儚いヒロインがその不治の病にかかります。

闇夜に死を内在させた光が少女の身体に纏います。

想像するだけで絵になります。 タイトル通り 満点の夜空の明かりの下で淡く輝く彼女は神秘的でしょう。

美しい光景です。

しかし、美しい光景だからこそ、その美しい光景に逃げてはいけない気がします。

・・・・・・映画「君の名は。」を観たときと似たような感覚に陥りました。(10000字以上の、なっがいレビューをライブドアブログで書かせて頂きました。”映画「君の名は。」 あらすじ&考察”

 

難病テーマの作品では映画「マイフレンド・フォーエバー」をオススメします。この作品は実際の病気を扱っています。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

return top