魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 1(手島史詞)レビュー


ひとりではない時間というものは、存外に甘美なものだった。

●あらすじ

悪の魔術師として人々に恐れられているザガン。

不器用で口の悪い彼は、今日も魔術の研究をしながら領内の賊をぶちのめしていた。

そんな彼が闇オークションで見つけたのは、絶世の美しさを持った白い奴隷エルフの少女・ネフィ。

彼女に一目惚れしたザガンは財産をはたいてネフィを購入するが、口下手な彼はネフィにどう接していいかわからない。

かくして、愛の伝え方がわからない魔術師と、主人を慕いながらも訴え方がわからない奴隷、不器用なふたりの共同生活が始まる。


●名(迷)言達

「生け贄が必要な魔術は趣味じゃない」by【ザガン(魔術師)】

「馬車が襲われていますが、人畜無害なのでしょうか」by【ネフィ(白髪のエルフ)】

「…………ご主人さま、いじわるです」by【ネフィ】


●みどころ

エルフのネフィが、よく観てくれます。

主人公のザガンは口べたです。

恥ずかしさを押し隠しながら発言するので

言い回しがキツいを通り越してヒドい事もありますが

ネフィは言葉尻だけでなく、ザガンの心持ちの奥底をよく観て、そして、感謝します。

……全肯定ヒロインってやつでしょうか。

戦闘シーンも少しあります。弱肉強食の世界なので、無慈悲です。

あと、表題にもついている”魔王”ですが、

これは魔術師が目指す最高位の称号を指しています。


●読んでみての感想

主人公が

素直になりたいんだけど、中々なれずに一人もんどり打っているようなツンデレです。

ツンデレと言うより、

思春期男子ですね。

ずーっと自分の城にこもって、過ごしてきたザガン。

オークションで”出品”された白髪エルフの美少女ネフィに一目惚れして、全財産投げ打って落札してしまいます。

 

一つ屋根(城)の下で暮らせば湧き沸き起こる衝動もあるけれど

「あの子との関係が崩れるのはイヤ!」

みたいな、甘酸っぱい感情をもつのも初体験です。好きな子にはそうなっちゃいますよね?

本気で惚れているんですね。

 

なんかお話をしようにも、ザガンには振れる話題がありません。

ネフィも無口です。

そんな二人が暮らしはじめて、心の距離が近づく切っ掛けは”気づき”でした。

ザガンは10年もの間、一人で城の中に籠もってました。

ネフィは故郷からも疎まれ、奴隷となってから「道具」と言われ続けて生きてきました。

二人は、お互いが欠落しているものを見つけます。

そして、その欠落したものを補おうとします。

ザガンもネフィも、虐げられてきた過去があります。

それ故に、相手の欠落したものを補おうとする気持ちが”優しさ”であることに気づきません。

そんなピュアな二人が過ごす

弱肉強食の剣と魔法のファンタジーです。ちょびっとだけ残酷な描写があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

return top