俺は魔王で思春期男子! (横山 采紅)レビュー


●あらすじ

世界が終わるとさえ言われた戦いが起きた。
大地は砕け、雲は消滅し、海は引き裂かれ、大気が押し潰される。

天変地異のようなそれらの現象は、たった二人の人物の衝突、その余波による影響に過ぎなかった……

魔王と勇者の戦いで、勇者は勝利した。

魔王は復活しても出られないよう、魔界の深い谷底に閉じ込められた

 

今でも魔王は閉じ込められている……事になっている

実は密かに復活していた。

 

人間社会の勉強をして不毛な争いがこれ以上起こらないように…あ!リアルJK!

スカート短くていいねっ!

通い始めたのが勇者学校で、俺を倒した勇者グループのやつがいたのには驚いたし、

つっかかってくる生意気な赤毛の女の子がいたりするけど、

友達もできたしJKと戯(たわむ)れたり不良を懲(こ)らしめたり巨乳の女教師と戯れたり…、

たまに魔王の力がバレそうになっても、俺は憧れてた“ふつう”の高校生活を絶賛エンジョイ中!

 

勇者とかいう野蛮人に倒されたふりをして魔王生活をやめた俺は人間界へ!

自由すぎて横暴な元魔王の規格外学園コメディ開幕!!


●名(迷)言達

「エェ? ソーダッタノー?」by【魔王】

「しつこい女ってサイテー」by【魔王】

「ヤベー、これ今マジで『青春』って感じたなぁ。漫画とかであるごく普通の日常だけど、実際に体験してみたらすごく楽しい」by【魔王の語り】


●みどころ

魔王の性格です。

「俺はラノベの主人公では決してない!」と言うところまでラノベの主人公らしい魔王ですが

人間について学ぶために人間界の魔法学校にお忍びで入った魔王は

スケベ系主人公らしい振る舞いをします。

魔王には良心こそありますが、価値観がちょっとズレてます。

それが軋轢を生んで物語が展開します。

そして、魔王が本気で怒るときは、とても冷静で冷酷です。

そしてアニオタです。

その性格のギャップがみどころです

戦闘シーンは多めで、小競り合いから白熱するものまで、バリエーション豊かです。


●読んでみての感想

舞台設定は

魔法が存在する以外は、現代の日本の高校まんまです(魔法学校ですが)。

魔王は17歳で、一年前、勇者に倒され、魔界の深い谷底に復活しないように封印された事になってます。

しかし魔王は出てくることができて、「うん、人間のこともっと知ろう」と思い至り、人間界にいって魔法学校に入ります。

 

 

ほぼ魔王の一人称で物語は進展しますが(いくつか変わる場面がありますが、読みにくいと言うほどではありません)

最初の魔王のテンションが異様なので、そこでちょっと引いてしまうかもしれません。

ただ、読み終えた後の魔王の印象は最初の時とだいぶ変わりました。

 

この物語は魔王よりも、魔王の周りのキャラクター達が、変化していく物語です。

他のキャラを通して、魔王のつかみ所の無い性格を多面的に観察できます。楽しめました。

 

私は

魔王が人間らしく振る舞おうとしている所に、なんとなく仕掛けがあるのではと感じます。(以下、ネタバレ?)

 

 

この作品には、大きな謎が残りました。続きが気になるという意味での謎です。

”魔王は何故、倒されなければならなかったのか”

この物語を読んでいると、それがこの作品全体のテーマになっているような気がします。

続きが楽しみです。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

return top